注文住宅を建てるって大変かも

オープンハウス・アーキテクトと契約しました。注文住宅を建てる際の良いところ、悪いところを書き、備忘記録を残すためにブログを始めました。

外壁サイディングのメーカー選び

 

オープンハウス(オープンハウス・アーキテクト)で、外壁のサイディングは3種類から選べました。

※見積書の段階で、サイディングの厚さを変更しています。

 

1.   LIXIL(旭トステム)

      AT.WALL15SA

2.ニチハ

     モエンエクセラードVシリーズ

3.ケイミュー

      ネオロック親水16/エクセレージ親水15

 

ただ、オープンハウスの担当者Nさんから、できるだけLIXIL(旭トステム)とニチハの2社から選択してほしい、と言われました。

 

厚みを比較すると、ニチハは16mmで、LIXIL(旭トステム)は商品名に15SAとある通り15mmとなります。

 

一方、耐火等級を比較すると、ニチハが3級で、LIXIL(旭トステム)が4級でした。

耐火等級とは、火災による火を遮る時間を示していて、3級は45分以上、4級は60分以上なので、等級数が多い方が耐火性が高くなります。

 

結局、LIXIL(旭トステム)から選ぶことにしました。

 

理由は3つです。

15mmと16mmは金具工法で変わらない。

LIXIL(旭トステム)の方が耐火性が高い。

LIXILのショールームで選ぶことができる。

 

後で分かったことですが、ショールームで選べることは利点として大きいと感じました。

カタログの写真では良く分からないし、オープンハウス・アーキテクト桜新町店にもサンプルは沢山あるようですが、店内が暗くてイマイチ分かりにくいです。

 

それと、ショールームの担当者は商品知識が豊富で、接客対応がオープンハウスとは全然違います。

 

後は、外壁の色を選ぶことになります。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村